スタッフブログ

ネパール登山隊 K2に挑み 初の冬季登頂成功


日本経済新聞 2021年1月18日 朝刊より
詳しくはこちらをご覧ください。

私たちの会社の名前にもなっている、『K2(カラコルム ナンバー2)』はパキスタンと中国の国境にまたがる高峰で標高は8611m、エベレストに次ぐ世界第2位
の山です。登山家の間では登頂が困難な高峰として知られ、自然の過酷さから「非情の山」の別名で呼ばれています。

世界最高峰のエベレスト(8848m)を制した登山家が4000人を超えているのに対し、K2の頂上に立った登山家は、1954年から2018年まででわずか350人ととても少なく、これまでに少なくとも77人が登頂に挑んで命を落としているそうです。

今回、ネパール人10人の登山隊は16日にK2の頂上に到達しました。冬季の登頂成功は初めてということです。8000m級の高峰の中で、冬季登頂が未達成だったのはK2だけだったということで、その頂への登頂は最も困難なことが分かります。

私たちの社名には、「K2の頂=困難な目標」をめざして、これからの道のりを果敢にチャレンジする。そして、他社を寄せ付けない技術力と創造力を追い求める。-そのような会社をめざしたいという想いが込められています。

登山隊の皆様、初の冬季登頂成功おめでとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です