社名にこめた想い

社名にこめた想い

「K2」と聞くと、皆さんは何を思い付かれるでしょうか?
私たちが社名に込めた想いを少しご紹介させて頂きます。

社名の「K2」は、山に詳しい方、そうでない方も一度は聞かれたことがあると思います。
「カラコムル ナンバー2」-通称K2と呼ばれる、パキスタンのギルギット・バルティスタン州と、中華人民共和国のウイグル自治区との国境に位置する、標高8,611m、エベレストに次ぐ世界第2位
の山です。

では、なぜK2なのか?

K2は世界第2位の標高ですが、その頂への登頂は、最も困難と言われています。エベレストへの登頂の難易度を100とすると、K2は500とも、1,000とも言われ、別名を「非情の山」。
上の写真も見ても、切り立った断崖は寄せ付けない強さを感じます。

株式会社K2アドバンスト

私たちは、「K2の頂=困難な目標」をめざして、これからの道のりを果敢にチャレンジする。そして、他社を寄せ付けない技術力と創造力を追い求める。-そのような会社をめざしたいと私たちは考えます。新しいロゴデザインは、その象徴です。

これからの私たちK2アドバンストに是非、ご期待下さい。